教員紹介

TEACHING STAFF

髙村 昇

国立大学法人 長崎大学

髙村 昇 Noboru Takamura

「被ばく医療科学」を担う人材の育成に向けて

長崎大学ではこれまでも、2010年度から保健学専攻内に「放射線看護専門看護師コース」を設置し、被ばく医療科学分野の人材育成を進めてきました。
福島医大との災害・被ばく医療科学共同専攻の保健・看護学コースでは、本コースをさらに発展させて被ばく医療科学分野に精通した看護師・保健師の育成を行うと同時に、医科学コースでは特にアジア諸国をはじめとする外国人留学生を受け入れ、将来それぞれの国において本分野を牽引していく人材の育成に努めています。留学生への教育は英語で行っており、国際機関等での勤務経験のある一流スタッフを招聘して行っています。特に国際放射線防護委員会(ICRP)の副委員長であるジャック・ロシャール先生は、客員教授として放射線防護学やリスクコミュニケーション学、川内村実習などを担当されており、まさに世界のトップレベルの講義、実習が行われています。

坂井 晃

公立大学法人福島県立医科大学

坂井 晃 Akira Sakai

複合災害に対応できる専門家の育成

福島県では、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた作業が今後長期にわたり行われる計画ですが、2011年の東日本大震災による複合災害(地震・津波・原発事故)で災害・被ばく医療科学の専門家が不足していることが明らかとなりました。そこで福島県立医科大学では、放射線災害を含む複合災害において長期にわたって健康被害に適切に対応できる人材を育成するため、専門知識を基に種々の災害対応ができる人材育成を目的とした医科学コースとリスクコミュニケーションに対応できる看護師・保健師の育成を目的とした保健看護学コースを設置しております。そのために長崎大学が永年原爆被爆者に対する医療と調査・研究で集められた英知を利用させていただきながら、一人でも多くの災害医療の専門家が輩出されることを願います。

教員一覧

共同大学院履修モデルコース
のご紹介

ページトップへ

English Site │ Russian Site