教員紹介

TEACHING STAFF

髙村 昇

国立大学法人 長崎大学

髙村 昇 Noboru Takamura

「被ばく医療科学」を担う人材の育成に向けて

長崎大学ではこれまでも、2010年度から保健学専攻内に「放射線看護専門看護師コース」を設置し、被ばく医療科学分野の人材育成を進めてきました。
福島医大との災害・被ばく医療科学共同専攻の保健・看護学コースでは、本コースをさらに発展させて被ばく医療科学分野に精通した看護師・保健師の育成を行うと同時に、医科学コースでは特にアジア諸国をはじめとする外国人留学生を受け入れ、将来それぞれの国において本分野を牽引していく人材の育成に努めています。留学生への教育は英語で行っており、国際機関等での勤務経験のある一流スタッフを招聘して行っています。特に国際放射線防護委員会(ICRP)の副委員長であるジャック・ロシャール先生は、客員教授として放射線防護学やリスクコミュニケーション学、川内村実習などを担当されており、まさに世界のトップレベルの講義、実習が行われています。

石川 徹夫

公立大学法人福島県立医科大学

石川 徹夫 Tetsuo Ishikawa

一人でも多くのプロフェッショナル輩出を願って

福島県立医科大学では、様々な専門分野の教員が在籍しており、それぞれの教員が特徴ある講義を行っています。例えば、緊急被ばく医療、放射線防護学など放射線災害に特化した科目もあれば、災害こころの医学、救急医学、災害看護学など、より一般的な災害を対象とした科目もあります。また、研究方法特論、疫学、地域医療学など医学・保健学全般の知識を得られるような科目も開講しています。これにより災害・被ばく医療科学全般を見渡すような幅広い知識を得ることが可能であると考えています。
さらに、講義で身につけた知識の定着、実践への応用をねらいとして、放射線災害医療実習などの実習科目を開講しています。そして修士課程の最終段階として、修士論文の提出があります。希望調査を経て配属された講座で、教員の指導を受けながら課題研究を行い、修士論文を作成します。
このような講義~実習~課題研究の流れを通じて、災害・被ばく医療科学のプロフェッショナルが一人でも多く輩出されることを願っています。

教員一覧

共同大学院履修モデルコース
のご紹介

ページトップへ

>English Site<